自分らしく売れる仕組みを作る|成長支援部からの提言(第162話)

自分らしく売れる仕組みを作る|専門コラム「成長支援部からの提言」

自分らしく売れる仕組みを作る

(第162話)自分らしく売れる仕組みを作る

経営者のコアコンセプトに沿わない仕事に取組むのは成長が止まる会社
経営者のコアコンセプトに沿って仕事を作り出すのが成長し続ける会社

コアコンセプト・マーケティング

コアコンセプト・マーケティングを一言で言うと何になるか?

このように質問された時、最近では

「自分らしく売れる仕組み」を作ること

と答えています。

コアコンセプト・マーケティングなら「自分らしく」できる

コアコンセプトは本質的な価値観である

コアコンセプトを我々は本質的な価値観と定義しています。


例えば、私の場合で言えば、これは自分にとって「自然体」かどうか
が価値判断の基準になっています。

このため、仕事をやる際にもあまり制約がない中で自由にやれる方が力を発揮できます。


世の中には追い込まれて背水の陣になった方がすごく力を発揮する人もいます。

けれども、私は追い込まれてやるよりは、気持ちにも余裕がある状況の方が
パフォーマンスが良いので、なるべくその状態を保てるよう意識しています。


人によって「自分らしさ」はそれぞれ違います。

けれども、自分の本質的な価値観であるコアコンセプトが分かると、
仕事に取組む際にも「自分らしく」できるのはクライアントさんを見ていても
よく分かります。

コアコンセプト・マーケティングなら「売れる」

会社経営についてはやるべきことがいろいろありますが、最終的には
自社の商品なり、サービスなりが売れないことには何も始まりません

しかし、情報の流通スピードが速い中、これができるのは自社だけだという
ケースはほとんどありません。


仮に画期的な技術力を持っていたとしても、お客さんの問題解決という観点に立てば、
その技術力を使わなくても問題解決できることがあります。

また、より性能が良い、よりスピードが速いと言っても
大半のお客さんにとってその差はあまり意味がないことだってあります。


つまり、他社との差別化を目指して、いくら「ウチはヨソとは違う」
と頑張って説明しても、口で言うほど簡単なことではないのです。

すると、どうしても価格勝負という値下げ競争に巻き込まれます。


しかし、コアコンセプトはその経営者にとって唯一無二のもの

歩んできた人生は一人ひとり違うために、たとえ兄弟であっても
その価値観は異なります。


このため、自分のコアコンセプトに沿った形で自社の商品を説明するだけで、
自ずと差別化ができます

そして、その価値観がきちんと伝えられれば、そこに共感してくれる人が、
こちらから押し売りしなくてもお申込みしてくれるようになり、
自然と「売れる」のです。


実際、フィナンシャルプランナーをやっておられるクライアントさんは
コアコンセプトが見つかった後は
「お客さんが共感してくれるようになった」とおっしゃっています。


コアコンセプト・マーケティングなら「仕組み」になる

とは言え、たとえどんなに商品であっても、何もしないで売れ続けることはありません。

売れ続けるためには、何か壁にぶつかった時でもその壁を乗り越える覚悟が必要です。

また、ウェブサイトを作り直すにせよ、チラシを作るにせよ
お客さんの反応が出るまでには試行錯誤を繰り返すことが求められます。


しかし、もしその商品が単に「儲かりそうだから」とか「みんなもやっているから」
といった安易な根拠をベースに売っているものである場合、
障害が出ると簡単に諦めてしまいます。


一方、自分のコアコンセプトに基づいて売っている商品の場合
たとえ最初は反応が悪くても、すぐに投げ出したりしません。

成果が出るまで粘り強くPDCAサイクルを回し続けます。

つまり、自分が好きで、かつ主体的に行動しているため、
自分自身の中に結果が出るまでやり続ける「仕組み」ができているのです。


事実、コアコンセプトを発掘されたあるクライアントさんは
「何の迷いもなく、何でも決められる」とおっしゃっています。


コアコンセプト・マーケティングをきっかけに更なる飛躍を

自分の本心とは違うものはどうしても違和感が残ります。

このため、短期間ならまだしも、長期的に見た場合には
自分の本心に沿う形で仕事に取組まないと成果につながりません


また、圧倒的なセールス力を武器に何でも売ってしまう人はごくごく少数派です。

会社として継続的に売上げを上げるためには、「売る」のではなく、
「売れる」状態を意識することが大事です。


そして、多少の紆余曲折があっても最後までやり抜く力を自分自身が持てるかどうか

やり方は一つではなく、正解も会社によって違います。

また、状況が変われば、その正解も時には足かせになるので、
常に変革し続ける姿勢が問われます。


コアコンセプト・マーケティングから始めて経営者の本質に沿う形で事業を展開していく。

これからも魅力的な経営者と一緒に一つでも多く、
「自分らしく売れる仕組み」を作っていきたいと思います。

コアコンセプト・マーケティングの詳細は「こちら」をご覧下さい。


★下記のフォームにお名前メールアドレスをご登録いただければ、コラム更新時に「成長支援部からの提言」をメールでお送りさせていただきます。お気軽にご登録いただければ幸いです。



Tag: コアコンセプト マーケティング コアコンセプト・マーケティング

コメント


認証コード8441

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional