成長支援部|オーナー経営者が自然体で力を発揮するための組織作り

お客様の声です。

お寄せいただいたお客様の声

お客様の声

社長専任の社外チーム

「ありのままに判断してきたことは、コアコンセプトと深く結びついている」
(株式会社ユナイトボード 代表取締役社長 坂本恒太様)

「立ち帰ると必ず答えが出る」
「自分の思いを再確認して、ぶれなくなった」
「自分をコントロールできつつある」
「心の中にあったことが具体化した」
(株式会社アーバン企画開発 専務取締役 三戸部正治様、取締役 三戸部浩史様)

お客様の声矢田裕基様

株式会社メントレプレナージャパン
代表取締役 矢田 裕基 様

※現在弊社のコンサルティング
 受けておられる矢田裕基様に
 インタビューさせていただきました。

岩井さんにお願いするまでの状況

既存事業の頭打ち状態、新事業が未だ軌道に乗らない、そんな状況で、正直、今後どのように舵取りをしてゆけば良いかが見えない時期でもありました。

岩井さんは、そんな弊社の状況を俯瞰・精査し、「まずは現状確認が大切です」と、2つの法人の財務状況・業務内容や今後の見通しを正確に把握し、今後取るべき対策と力を入れる分野を的確に示して下さいました。

それから半年経った今では、その時のご指摘の通りに業務のバランスを組み替えたことで、まったく見違えるような財務環境の法人になりました。

数多あるコンサルの中から岩井さんを選んだ一番の理由

実務性・具体性・経験値がズバ抜けていると思います。

メガバンクからはじまった、今までの経験も然ることながら、物事を違った角度から見抜く能力、売上・利益に直結するような事業構築力、事業全体を俯瞰しての的確なアドバイスには、他に類を見ないほどのセンスを感じます。

何人かのコンサルを標榜している方も知ってはいますが、岩井さんは”実務の強さ”、”経験の豊富さ”、”提案の的確さ”でのレベルが違うと思います。

岩井さんはどういう人ですか?

見たままの方です(笑)。

お見かけどおり、仕事にはとても真剣・実直な方です。

そして、何より優しいです。

その優しさのおかげで、ご一緒していてとても「安定感」を感じます。岩井さんにお願いすれば自分の事業が“安定的に成長できる”ことが実感できます。

また同時に、平仄が合わないことには納得しないであろう信念の強い面もあるのかと思います。

言うなれば、私にとっては何でも相談できる“経営全般のアニキ”的存在です(笑)!

岩井さんのコンサルを受けた今の状況・お気持ちを教えてください。

岩井さんは、『中長期的観点から見たその会社の成長』にフォーカスしています。

日々の経営に追われている私などは、どうしても明日のことや目先のことを優先しがちなのですが、そんな時、岩井さんはいつもの温和な調子で、「それと同時に、こんなことも考えられますよね。」と新しい視点を提供してくれます。

そして、業界内での常識にとらわれている私には、この一言が非常に大きい。今までこの岩井さんの一言で、弊社の中でいくつものサービスやアイデアが生まれました。

岩井さんの存在は、疾風怒濤のこの時代には、我々経営者にとっての“一里塚”的存在。道を違えそうな時に、そっと正しい道を教えてくれる。

一家に一台ならぬ、『一社に一人』いるべき存在です。

これからはどういう状況を目標にしますか?

日本メントレプレナー協会

これから2年以内に、『直営店10店舗・プロデュース店舗100店舗』が目標です。

私やスタッフにとっては、今でこそ非常に具体的な目標なのですが、はじめて岩井さんにお会いした時点では、夢ですら掲げられないような目標でした。

これを約半年間で、具体的な中期計画にでき、しかもそれを上回るスピードで成長しています。

そんな状態でも、岩井さんは弊社の事業を俯瞰し、「このまま行くと、こういう事が起こり得るので、今のうちにこれをやっておきましょう!」と好成績に浮かれている我々の目を覚まし(笑)、的確なアドバイスをして下さいます。
 
これからも、岩井さんのご指導のもと、事業の拡大・成長を推し進めて参ります。


H.K.様(東京都 会社経営)

お申込みされるにあたって

それなりに自分に正直に生きてきたつもりなのですが、最近、どうもガス欠気味。

自分に対して、自分が作った会社に対して、意欲が湧いてこない。このまま人生終わっちゃうと嫌なので、コアコンセプトを明確にして、活動の源泉を安定化していきたいと考えて申し込みました。

コアコンセプトが見つかって

とてもシンプルで笑っちゃいます。何とも言えない安堵感が胸に広がって行きます。

イメージは、地面の下(本質)に、よく耕されて空気と栄養分が溢れている土の状態で、もう心置きなく誰に遠慮することもなく、じわじわじわじわと根っこを張っていける。そして地面の上(方向性)に、1本の明快な幹(セルフ)があって、枝(ミッション)が分岐して枝全体には花(ビジョン)が開いている。さらに、人が集まり、動物も集まり、植物も芽吹き・・・。

ミエルチカラ編を終えて

やっぱ僕にとって、人生で一度、三カ月、自分の根っこを掘り下げていくというのはとても有意義な時間でした。私が僕に語り掛けてあげられるようになりました。大人の私が、少年の僕に。

ミセルチカラ編に向けて

問題は今まで自分が好きで始めて、そして、上手くいって、それを手放せない事でした。なかなか自分が創業して汗水垂らして手にしたモノを手渡すのはできない。しかし、手渡さないと、次に進めない。これって社長教育ですね。

ミセルチカラ編を終えて

コアコンセプトを胸に、生きていると、とても幸福感が穏やかに持続しています。
今までは、赤字か黒字か、怒られるか怒られないか、優秀かボンクラか、夢があるかないか、有名になれるか、石ころか。などなど、そんなどうしようもない価値観で疲れ果てていたのでした。今は、いい意味でワガママで、自分に対して素直に生きれているな、と感じています。

お客様の声(セミナーご参加者)

多摩中央葬祭株式会社 代表取締役 森山泰文 様

「20年ビジネス戦略立案会議」にご参加いただいた森山泰文様にインタビューさせていただきました。



株式会社CSS・マーケティング 代表取締役 阿保武和 様

「20年ビジネスセミナー」にご参加いただいた阿保武和様にインタビューさせていただきました。


ご質問やお問い合わせ

★弊社のコンサルティングに関するご質問やお問い合わせは「こちら」からお願いいたします。



powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional